誰でも気軽に着物買取

着物買取紹介サイトで、ゴミとして処分しようと思っていた着物に高額査定がつくこともあります!捨てる前に今一度ネットで検索!

リメイク用素材としても注目

現在、着物はリメイク用素材としても注目されています。手入れが大変、着付けができない、などの理由でタンスの底に眠っていることが多い着物。日本ではこうした着物をほどいてつくるリメイクドレスが、結婚式やお色直しやパーティードレスとして注目されています。ボリュームを出したい場合は他のドレス用の素材と組み合わせてつくることが多いです。

帯地などと違って素材自体がやわらかいのでソフトなイメージのドレスにおすすめです。着物は洋服と違い直線でできていますので完全に柄を合わせることは無理です。だからといって、リフォームドレスのようにただ単に着物を解いて縫い合わせるだけでは晴れの舞台を飾るには適さないと考えます。可能な限り柄につながりをもたせ、後ろから見た場合も同様にどの角度から見ても美しいように1点1点お着物を拝見してから柄の配置を考えます。そのほかにリメイク素材としてシーツが良いそうです。場合によっては小さくなった子供服のデニムをアップリケに使うことができるので、やる前に引き出しを一回ひっくり返して材料にできそうな洋服やシーツがないか探してみるといいでしょう。

コストがかからず、失敗しても元々捨てるはずのものから作っているので、気軽に作ることができます。なぜシーツがいいかというと、裁断のしやすさ、編むときの針の通りやすさなどが優れていますし、吸水性・吸湿性に優れています。昔からボロ雑巾のほうがよく水を吸うといいますが、リメイクではせっかく素材を自由に選べる利点を最大限に生かして作るとよいと思います。シーツリメイクでバッグを作ると、普通のお店で買うのとは全然違う雰囲気のバッグが手に入ります。

自分で作り上げていく楽しみというのを覚えるとリメイクだけじゃなくて、ほかの創作活動にも気合が入るようになります。新しい布はリメイクには向きません。新しい布だとまず針が通りにくくて編みにくいし、出来上がってからも吸水性に難があったり色・デザインが強かったりするので意外に使い勝手が悪くなることがあります。古い布だと慣れた感じ・くたびれた感じが逆にいい感じを生むのだと思います。実際に使ってみるとわかると思いますので、ぜひ古い布と新しい布で比べてほしいと思います。またオリジナリティにあふれるペットの洋服が作れるし、自分が着ていた服をペットが着るというのは何だか嬉しいものです。シーツリメイクの技術が向上すれば、その作品をオークションなどを利用して販売している人もいます。

Copyright(C)2013 誰でも気軽に着物買取 All Rights Reserved.